劇団 座・未来 Staff Blog




selected entries categories archives comment
links profile
others
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
今も昔も、人生は決断の連続。 ::: 2017.06.09 Friday



★座・未来の次回公演は2017年8月26・27日の両日。計3回公演です。

以下のページで稽古情報更新中!

https://www.facebook.com/za.mirai.east/


「わたれ、風 ひらけ、道〜牡丹山諏訪神社古墳奇譚〜」の物語は、大学教授・本橋と助手の加藤が古墳時代にタイムスリップしてしまうところから動き始めます。

現代のこの地にあたる(と思われる)ミナトのくにでは、大和王権より交易の申し入れがなされ、対応をめぐり話し合いの真っ最中。なかなか意見がまとまりません。

一方、政(まつりごと)に携わらずとも、思い悩み、日々の自分の暮らしで精一杯な人もミナトのくにには存在します。



未知の物事に触れるのは、誰しも慎重になるもの。
ましてや、今自分の置かれている環境でさえ気がかりが絶えないのに…

なんだか、現代に生きる私達と似ている気がしますね。

文化の度合いが違うだけで、昔も今も人々の思うことは根本的には変わらないのかもしれません。



さて、おおらかで気ままな若き首長・アサトは、未来からやってきた本橋と加藤をどう受け止めるのか?
大和王権との決着は?
ミナトのくにの民たちはどう動くのか?

遥か古(いにしえ)の若者の決断、そして彼を取り巻く人々の交錯する想い、どうぞ見届けにいらしてください。



【公演情報】








次回公演は古墳時代の牡丹山 ::: 2017.06.01 Thursday

座・未来の次回公演は2017年8月26・27日の両日。計3回公演です。

以下のページで稽古情報更新中!

https://www.facebook.com/za.mirai.east/

 

公演詳細

 

期間 2017/08/26 (土) 〜 2017/08/27 (日)
劇場 東区プラザ
出演 岡英彦、大田雄磨、石内裕之、豊岡絵里奈、佐々文佳、中澤佑宜、とわこ、小川陽子、常木哲哉、味方重樹、田沢朋子、平田誠市、大滝里美、小畑義則、石井淑夫、原田穣、大崎遼、森祥子、本郷由華、小林未来、加野裕子、清野夏美、阿部凜音、鍬間結愛、佐竹友広、倉島憲、高橋繁實、佐藤喜代美ほか
脚本 近藤尚子
演出 斉木としや
料金(1枚あたり) 【チケット発売日】2017/07/10
一般前売 1500円
一般当日 2000円
高校生以下前売 1000円
高校生以下当日 1500円
サイト

http://za-mirai.info/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月26日(土) 18:00
8月27日(日) 13:00/17:00
説明 古墳時代の円墳が発掘された牡丹山諏訪神社では地域住民による古代まつりの真っ最中。発掘調査を担当した本橋教授と助手の加藤は、ひょんなことから円墳築造前の時代にタイムススリップをしてしまった。
ミナトのくにを治める若き長アサト。長になれなかった腹違いの兄ヨヒトとその母キナリ。アサトに影のように従い支える外(と)つ国びと端水や、巫女のババとイサナなど古墳時代の人々が、本橋・加藤を巻き込んで繰り広げる歴史ロマンです。
ミナトのくには、ヤマト王権と和を結ぶのか、それとも戦いの道を選ぶのか!?
その他注意事項 車椅子ご利用の方は、事前連絡で介助者1名無料。
スタッフ

脚本 近藤尚子
演出 斉木としや
音楽監督 A.U.
美術 成田武
照明 いとうゆういち
音響効果 藤田信之/今井麻衣子
衣装 近藤真弓/吉川洋子
殺陣 斉木としや/中澤佑宜
ヘアメイク 関川恵理子
歌唱指導 AYA
舞台監督 逸見友哉
美術協力 鈴木那々子

小道具 坂田拓巳
大道具 高橋カズヒロ
宣伝美術 本間智
映像 田澤直樹(映像倶楽部)
スチール 高山 ミツル
制作 近藤尚子/倉島憲
監修 橋本博文





次回公演情報です ::: 2016.07.06 Wednesday

【次回公演情報】

 

タイトル:東方見聞録〜僕らは東の空に未来を描く〜

 

2016/09/24(土) 〜 2016/09/25(日)
会場 東区プラザホール
出演 中澤佑宜、とわこ、味方重樹、田澤朋子、小畑義則、倉島憲、原田穣、佐藤喜代美、高杏鳴、阿部凜、岡英彦、小川陽子、上垣甲新、ナオ、菅井悠馬、阿部優菜、豊岡絵里奈、常木哲哉、平田誠市、鈴木公成、佐竹友広、西村裕貴、高橋繁實、萱場真源、平井葉子、星島卓美、小塚千晶、大田雄磨、石内裕之、小林未来、佐々文佳
脚本 池田真一
演出 斉木としや
料金 1,000円 〜 2,000円 

【発売日】2016/08/08

一般前売り1500円、当日2000円
高校生以下1000円(前売り・当日共)

サイト https://goo.gl/bWnrtL※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月24日(土)18:00
9月25日(日)13:00/17:00
 
説明 妄想癖があるフリーターのミライ。アルバイトをしながら(妄想を形に出来るから)市民劇団に参加している。
「お金を貯めてアパートで独り暮らしをする」のがミライの当面の目標だ。
会社員の父とスーパーで働く母は、演劇活動に大反対で、家での会話は殆どない。
祖父は農業を辞めるか迷っている。母は向かいの田んぼがスーパーになるのか公園になるのか興味津々、文句ばかり言っている。
劇団は秋の公演に向けて試行錯誤を続けている。次回公演のテーマは「20年後の東区」。
突っ込みどころ満載の台本に、劇団員からも様々な意見が飛び交う。
そんななある日、ミライ達家族の住むマンションに祖父がやってくる。
足腰が弱くなり、独り暮らしが辛くなってきたという。ちゃんと説明されていなかったためにとまどうミライ達。
そこへ、なぜか東京に住む姉も子供達を連れてやってきて・・・。
ドタバタの中、演技に没頭するうちに、今度は「ドロエモン」というロボットがやってくる。
なんと、未来からミライに会いに来たと言う・・・これは現実か?妄想か?
お芝居と同じように試行錯誤を続けて、家族も町も果てない完成に向けて進んでいくことに気付くミライ。
東区の現在、過去、未来が交錯する中に、家族と町が見えてくる・・・
その他の注意事項など ●未就学児は座席を使用する場合チケットの購入が必要です。

 
スタッフ 脚本 池田真一
演出・振付 斉木としや
ラップ曲振付 侑奈
音楽監督 A.U.
歌唱指導 AYA
照明 いとうゆういち
音響 藤田信之/今井麻衣子
舞台監督 長谷川敬久
舞台美術 鈴木那々子
美術協力 成田武
大道具 高橋カズヒロ
小道具 坂田拓巳
ヘアメイク 関川恵理子
広報美術 morico
映像記録 田澤直樹(映像倶楽部)
スチル 高山ミツル
制作 近藤尚子
劇団代表 星島卓美

 

 

公演情報ページ(インターネット予約のコリッチ)

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=75878

 

携帯からの予約はこちらをクリック!



 

 

 





阿賀野の雪花〜新版・王瀬の長者 ::: 2015.12.01 Tuesday

「阿賀野の雪花」公演詳細についてはこちらでご覧いただけます。
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=70410

携帯からの予約はこちらをクリック!







次回公演は2016年2月13日、14日 ::: 2015.12.01 Tuesday



次回公演の詳細が決定しました。
日時は2016年2月13日(土)18:00〜、14日(日)13:00〜/17:00〜の3回公演です。
タイトルは

『阿賀野の雪花〜新版・王瀬の長者』

お楽しみに!!

チケットの発売は1月4日です。
下記サイトからもどうぞ!

https://ticket.corich.jp/apply/70410/

携帯電話からのアクセスはこちらから↓
http://ticket.corich.jp/apply/70410/




チケット予約開始! ::: 2015.05.01 Friday

 


本日(5/1)9:00より、東区市民劇団 座・未来 6月公演「ゆびきりげんまん〜新潟空港事件簿〜」チケット販売の予約受付開始です!
ご予約は、下記のところから

 

携帯からの予約はこちらをクリック!







次回公演日程決定しました! ::: 2015.03.05 Thursday




来年もよろしくお願いいたします ::: 2014.12.29 Monday
「この橋のむこうに〜新潟自身」
「渟足柵物語 姫と剣とわらべ唄」

今年はこの2作品を無事上演することができました。
ご来場くださいましたお客様、お気に掛けてくださいました皆様、応援してくださいました皆様に心より御礼申し上げます。

また、出演者、スタッフ、関係者の皆さん、なにぶん大所帯のため目の届かない点、配慮の行き渡らないことなど多々あったことと思いますが、いつも明るく気持ちよい空気を保てたのは皆さんのおかげです。ありがとうございました。

さて、来年の話をすると鬼が笑うと申しますが、ちょっとだけ。
座・未来の次回公演は来年6月を予定しております。
新潟空港を舞台にした現代劇になるようで、すでに準備が始まっています。
年明けと同時に本読みが始められる…といいな、な状態です。

来年もまた、さらに面白く、心に残る舞台をお届けすることを誓い、年末のご挨拶とさせていただきます。

皆様どうぞよいお年を!!




姫つる反省会 ::: 2014.11.11 Tuesday




公演写真公開中です ::: 2014.11.11 Tuesday