劇団 座・未来 Staff Blog




selected entries categories archives comment
links profile
others
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
次回公演 音楽劇 渟足柵(ぬたりのき)物語『姫と剣とわらべ唄』 ::: 2014.09.02 Tuesday
ぜひ、秋の予定にお入れください!!
◆◆音楽劇 渟足柵(ぬたりのき)物語
  『姫と剣とわらべ唄』
◆公演日時(予定)
     11月1日(土)18:00〜
     11月2日(日)13:00〜
     11月2日(日)17:00〜
◆上演時間 約90分(予定)
◆場所 東区プラザホール
     住所: 〒950-8709 新潟県新潟市東区下木戸1丁目4−1
◆チケット料金
     一般    前売1,500円(当日1,800円)
     高校生以下 前売・当日 1,000円
◆チケット発売日 9月22日(月)
◆チケット取扱場所
     東区役所地域課
     東区プラザ
     東区市民劇団 座・未来
◆チケットその他お問合せ先
     東区市民劇団 座・未来
     E-mail za.mirai.east@gmail.com
     電話  025-384-0244
【あらすじ】
9世紀半ば。渟足柵(ぬたりのき)を拠点として蝦夷(えみし)平定に成功した大和朝廷は、沼垂城(ぬたりじょう)の新たな主として国司山部守固(やまべのもりかた)を送り込んだ。沼垂城に到着次第、左大臣藤原基平の息子・時平と祝言を挙げることになっていた守固の娘・菊姫は、初めて見る越後の国の自然に心奪われ、侍女を供に城を抜け出し、森へ向かってしまう。 しかし森には、かつての戦で滅びたはずのキビタシ一族がひそかに大和朝廷に対する反撃の機会を窺っていた。囚われの身となる菊姫。キビタシ一族の族長の息子・無智丸との出会いによって、菊姫はいっそう蝦夷(えみし)たちの世界に強く惹かれていく。さらに、父よりの密命を受けた時平と無智丸の対峙。一族の巫女としての宿命を背負いながらも無智丸に強く想いを寄せるキシモ。それぞれの思いが交錯したとき、再び戦が…。

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=58737







comment








   
trackback URL
trackback