劇団 座・未来 Staff Blog




selected entries categories archives comment
links profile
others
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
次回公演情報です ::: 2016.07.06 Wednesday

【次回公演情報】

 

タイトル:東方見聞録〜僕らは東の空に未来を描く〜

 

2016/09/24(土) 〜 2016/09/25(日)
会場 東区プラザホール
出演 中澤佑宜、とわこ、味方重樹、田澤朋子、小畑義則、倉島憲、原田穣、佐藤喜代美、高杏鳴、阿部凜、岡英彦、小川陽子、上垣甲新、ナオ、菅井悠馬、阿部優菜、豊岡絵里奈、常木哲哉、平田誠市、鈴木公成、佐竹友広、西村裕貴、高橋繁實、萱場真源、平井葉子、星島卓美、小塚千晶、大田雄磨、石内裕之、小林未来、佐々文佳
脚本 池田真一
演出 斉木としや
料金 1,000円 〜 2,000円 

【発売日】2016/08/08

一般前売り1500円、当日2000円
高校生以下1000円(前売り・当日共)

サイト https://goo.gl/bWnrtL※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月24日(土)18:00
9月25日(日)13:00/17:00
 
説明 妄想癖があるフリーターのミライ。アルバイトをしながら(妄想を形に出来るから)市民劇団に参加している。
「お金を貯めてアパートで独り暮らしをする」のがミライの当面の目標だ。
会社員の父とスーパーで働く母は、演劇活動に大反対で、家での会話は殆どない。
祖父は農業を辞めるか迷っている。母は向かいの田んぼがスーパーになるのか公園になるのか興味津々、文句ばかり言っている。
劇団は秋の公演に向けて試行錯誤を続けている。次回公演のテーマは「20年後の東区」。
突っ込みどころ満載の台本に、劇団員からも様々な意見が飛び交う。
そんななある日、ミライ達家族の住むマンションに祖父がやってくる。
足腰が弱くなり、独り暮らしが辛くなってきたという。ちゃんと説明されていなかったためにとまどうミライ達。
そこへ、なぜか東京に住む姉も子供達を連れてやってきて・・・。
ドタバタの中、演技に没頭するうちに、今度は「ドロエモン」というロボットがやってくる。
なんと、未来からミライに会いに来たと言う・・・これは現実か?妄想か?
お芝居と同じように試行錯誤を続けて、家族も町も果てない完成に向けて進んでいくことに気付くミライ。
東区の現在、過去、未来が交錯する中に、家族と町が見えてくる・・・
その他の注意事項など ●未就学児は座席を使用する場合チケットの購入が必要です。

 
スタッフ 脚本 池田真一
演出・振付 斉木としや
ラップ曲振付 侑奈
音楽監督 A.U.
歌唱指導 AYA
照明 いとうゆういち
音響 藤田信之/今井麻衣子
舞台監督 長谷川敬久
舞台美術 鈴木那々子
美術協力 成田武
大道具 高橋カズヒロ
小道具 坂田拓巳
ヘアメイク 関川恵理子
広報美術 morico
映像記録 田澤直樹(映像倶楽部)
スチル 高山ミツル
制作 近藤尚子
劇団代表 星島卓美

 

 

公演情報ページ(インターネット予約のコリッチ)

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=75878

 

携帯からの予約はこちらをクリック!



 

 

 








comment








   
trackback URL
trackback