劇団 座・未来 Staff Blog




selected entries categories archives comment
links profile
others
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
歴史情報おさらい! ::: 2017.08.25 Friday

改めまして「わたれ、風 ひらけ、道」の全ての始まりとなる牡丹山諏訪神社古墳について、おさらいしてみましょう。



牡丹山諏訪神社古墳は、新潟市東区、牡丹山地域の牡丹山諏訪神社から発掘されたものです。

2013年8月、新潟大学人文学部の橋本博文教授が牡丹山諏訪神社を訪れた際、埴輪片を発見。

その後、三度に渡る大規模な発掘調査が行われ、これまでに円筒埴輪の破片、須恵器(すえき)の器台(壺をのせる台)の破片、勾玉などが出土しています。
埴輪とは古墳をデコレーションするもののひとつで、古墳の上に並べられているものです。このことからこの場所は埴輪を持つ古墳であったと考えられます。

また、棺を包み込むものである粘土槨の集積も見つかっており、牡丹山諏訪神社古墳の主は、県内の古墳の中では丁寧に葬られた人物ではないかと推測されます。

そしてこの古墳からは鉄製の鎧の破片も見つかっています。
これは国内最北、県内最古となる5世紀初頭、古墳時代中期の鎧であることがわかっており、古墳の被葬者は大和政権の信任の厚い武人であった可能性があります。



現在は市街地となっている新潟市東区牡丹山から、これだけ歴史的な発見があることも不思議な話です。

この古墳の調査結果から着想を得た今回の物語。

手厚く葬られたのはどのような人物なのか?
かつてこの地でどのような出来事があったのか?

「わたれ、風 ひらけ、道」の公演をご覧いただき、遥か昔・古墳時代に想いを馳せる一助としていただけたら幸いです。



『わたれ、風 ひらけ、道〜牡丹山諏訪神社古墳奇譚〜』

8月26日(土) 18:00~
8月27日(日) 13:00~,17:00~

会場:東区プラザ2Fホール

※26日18:00~の回と27日13:00~の回は前売り券の販売を終了しております。
なお、若干数ですが当日券を販売いたします。
当日券の販売は、開演一時間前より行います。

27日17:00~の回は、引き続き前売り券を販売しております。ぜひ、お求めください。

↓チケット予約ページ↓

以下のページで稽古情報更新中!





(記:倉島)







comment








   
trackback URL
trackback