劇団 座・未来 Staff Blog




selected entries categories archives comment
links profile
others
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
『オズの魔法使い』ご来場ありがとうございました! ::: 2012.11.19 Monday
全員集合!
昨日の、子ども未来塾公演『オズの魔法使い』は大盛況のうちに終演となりました。
ちびっ子から大人まで、予想以上のお客様にご来場いただき、出演者もいざ舞台に出てみて驚いた、と話していました。

最初、冒頭のシーンでマイクのトラブルがあったりといった、不手際もありましたが、会場のお客様達のあたたかさに助けられ、気持ちよく演じきることができたように思います。

見に来てくれた大勢のちびっ子たちが、ちょっとでも「お芝居って面白いな」と、感じてくれていたらうれしいです。
客席




子どもだけの劇だから、この程度でいい。
大人がそんなふうに考えていると、子どもたちもその程度でしか応えてくれないのかもしれません。

今回、大人のキャストもスタッフも、「どうせやるならいいものにしたいじゃない」という意気込みで本気で取り組んだらば、子どもたちも全身全霊で真っ向からそれに応えてくれました。

いえ、子どもたちの本気が先で、大人がそれに引っ張られたのでしょうか。それはニワトリとタマゴの関係。どちらが先かわかりません。

とにかく今回は大人と子どもの本気と本気が相乗効果を生み、「いいもの」が作れたということ、それが大事。

小さなトラブルは本番中何度もありました。
でも、子どもたちは臨機応変にその状況に対応する力もすでに身につけていました。

すごい!

手前味噌ですが、座・未来の子ども達を心から褒めてやりたいと思います。

終演後、子ども達が「次は何ですか。すぐにでも次がやりたい」と、演出家に言ってきたそうです。関わった全員にとって、この言葉以上の褒美はないでしょう。

そして、何よりもご来場くださった皆さまのあたたかな空気に助けられてこその成功だったことを忘れてはいけません。
トラブルが発生して、会場の隅をスタッフが駆けていっても、舞台上の演者達にあたたかい目を向け続けてくださった観客の皆様のおかげで、心折れることなく最後まで演じきることができました。

私たちが感じたのと同じように、観客の皆様も幸せな気分をお持ち帰りいただけていたら何よりです。
ありがとうございました!
  • スタッフKの追記
  • 2012/11/19 9:20 PM



comment








   
trackback URL
trackback