劇団 座・未来 Staff Blog




selected entries categories archives comment
links profile
others
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
期間限定 バンド【ジガンズ】結成! ::: 2013.06.18 Tuesday

昨日は、稽古前に初のスタッフ・ミーティングを行いました。
(写真は、その後の稽古風景から)

演出の斉木、音楽監督のA.U.さん、照明の いとうゆういちさん、舞台監督の鈴木ナナ子さん、スチールの高山、制作 近藤の5人でテーブルを囲み、当日の舞台の設置や装置についての案出しや確認を行いました。

スタッフさんたちが関わり始めるとピリッと引き締まり、背筋が伸びる気がします。今回も本番までどうぞよろしくお願い致します。



また、昨日の稽古には、【ジガンズ】のメンバーも初めて勢揃いしました。

今回の公演のために結成されたバンド、その名はもちろん【慈眼】からきています。

いずれ順を追ってメンバー紹介をしていきたいと思います。お楽しみに!


そして、衣裳合わせも行いました。
それぞれ自分が着る衣裳を決めて持ち帰った役者さんたち。
ますます役に入り込めるようになるでしょうか。期待しています!




振付・立ち回り どんどん動きがついていきます ::: 2013.06.13 Thursday


時代劇なのにロックミュージカル。
それが9月に上演する【慈眼〜涌井藤四郎という人】です。

集団のダンスの振付が始まり、さまざまな年代の男女キャストの皆さんが汗を流し、熱気に息を切らしながら稽古を進めています。踊るんですよ、この皆さんが。
まだ始まったばかりで未知数ですが、最終的には超クールでかっこいいダンスシーンをお見せできるように仕上がる予定です。



そして、こちらも見どころの一つ。たち回りです。
思い返してみると、座・未来のお芝居にはたち回りシーンが毎回登場してきたような…。
今回もお見せします。お魅せします。お楽しみに!


稽古場の扉を開けて廊下へ出ると、ここでも、静かに稽古をしているグループがいました。
この物静かなたたずまい。
実はとても重要なシーンなのです。写真からも、厳かな静寂が伝わってくるようです。






【慈眼(じがん)〜涌井藤四郎という人】

江戸時代の半ば、多額の納税を命じる長岡藩に反発した町人たちが、一時新潟湊を自治したという史実に基づいたお話で、新潟市民にとっては毎年行われる明和義人祭などでよく知られています。

9月14・15日 市民プラザ(NEXT21)にて計3回公演を行います。
公演時関等の詳細は追ってお知らせしていきます。




荒立ち稽古スタートです ::: 2013.06.06 Thursday


読み合わせ、役作りミーティングを経て、荒立ち稽古が始まりました。
役者さんたちが実際に動きを付けて演じ始めると、稽古場の空気も変わるから面白いのです。

全体の動きが立体的に見えてくると、出来上がりに向けての期待感が湧いてきますね。




サロメ隊、誕生 ::: 2013.05.23 Thursday


ダンス・レッスンも始まりました。
まずは動ける体、踊れる体を作るところから。

経験のない人も、ブランクが大きい人も、そしてずっとダンスをやっている人も、「毎日家でこれだけはやりましょう」と基礎的な動きをいくつか宿題に出されました。

踊るのは、この舞台に怪しくも美しい華を添える『サロメ隊』です。




役作りミーティング ::: 2013.05.23 Thursday


昨日の稽古では、キャストの皆さんが大まかなグループに分かれて、「役作りミーティング」を行いました。

台本上では一言しかせりふがなかったとしても、その登場人物にもこれまで歩んできた人生があり、周りの人びととのつながりがあるはず。一人一人がどんな人物で、何を思い、何を悲しみ、望んでいるのか。そういった、役の背景を作り込んでいく作業は一見地味ですが、とても大切なプロセスです。

時に笑い、時に泣きそうになりながら完成していく人物像。
その集合体が一つのミュージカルとしてまとめ上げられていく過程をこれからの4カ月間、追っていきます。




【慈眼】オーディション2日目 ::: 2013.05.19 Sunday

2回目の出演者オーディションが開催され、12名の方が参加してくださいました。


先週、今週と2度に分けて一般オーディションを行いましたが、もしかすると、メインのキャストに抜擢される方もいらっしゃるかもしれません。




歌稽古が始まりました ::: 2013.05.12 Sunday
東区市民劇団 座・未来といえば音楽劇というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
過去の作品でも、毎回朗々と、また切々と歌い上げるテーマ曲やソロ曲がお芝居を盛り上げてきました。

次回公演【慈眼〜涌井藤四郎という人】は、音楽劇のさらに先を目指したミュージカル仕立てとなります。
これまでより歌の分量が増えるので、そのすべてを担う音楽監督のA.U.さんは、実は誰よりも早く、この舞台のための準備に取りかかってくださっていました。


そのおかげで、すでに素晴らしいテーマ曲やグループ曲が完成しており、きょうは1回目の声楽指導を受けました。
指導をしてくれるのは、A.U.さんとシェーン・ヴィントというユニットを組んでいるボーカリストのAYAさんです。
前作【キビタシの森〜渟足柵物語】に引き続き、今回も役者さんたちにみっちりと歌唱法をご指導いただきます。



(スタッフK、心の声)
いやああ〜、今度の曲もイイッ!!!
どうぞご期待ください!!!!!




【慈眼】オーディション1日目 ::: 2013.05.12 Sunday


【慈眼〜涌井藤四郎という人】のオーディション(1日目)が終了しました。
10代から60代までの男女8名の方が、リズム、歌唱、演技の三項目にわたる審査を受けてくださいました。
上の写真はリズム感審査の一コマです。年齢を問わず、皆さん予想以上にリズム感がしっかりしていてうれしい驚きでした。


歌唱審査は、それぞれ好きな歌をソロで。カラオケの音源を持参した人もいれば、アカペラで歌い上げた人も。


演技審査では、実際に本公演で使用する台本の抜粋をお渡しし、その中の役を演じていただきます。


演技経験をお持ちの方も、そうでない方も、役になりきって台本を読み上げる真剣さは一緒。
そしてもちろん、審査する側も真剣です。

19日にもオーディションがあり、それを終えてから配役発表となります。
それまでしばらく、ドキドキとワクワクの日々となるでしょうか。
その先にはきっと、仲間たちと一緒に一つの作品を創り上げていく
楽しい日々が待っています!




9月公演『慈眼〜涌井藤四郎という人』 ::: 2013.05.07 Tuesday
次回9月公演が決定しました!

【慈眼(じがん)〜涌井藤四郎という人】

江戸時代の半ば、多額の納税を命じる長岡藩に反発した町人たちが、一時新潟湊を自治したという史実に基づいたお話で、新潟市民にとっては毎年行われる明和義人祭などでよく知られています。

9月14・15日 市民プラザ(NEXT21)にて計3回公演を行います。
公演時関等の詳細は追ってお知らせしていきます。

これに伴い、

◆5/12,19の両日、市民オーディション

を行います。
出演希望等のお問い合わせはza.mirai.east@gmail.com または025-384-0244 までお気軽に!

◆ボランティアスタッフも広く募集中です。