劇団 座・未来 Staff Blog




selected entries categories archives comment
links profile
others
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
2014秋公演「姫と剣(つるぎ)とわらべ唄」稽古風景 ::: 2014.10.03 Friday


2014秋公演「姫と剣(つるぎ)とわらべ唄」稽古風景の写真をまとめて掲載しています。

Vol.1(〜9月) http://goo.gl/16g0Qj

Vol.2(10月〜) http://goo.gl/V8meov




【ひめつるキャスト紹介 13】 ::: 2014.10.03 Friday


【ひめつるキャスト紹介 13】
武督ノ之(ぶとくのすけ)/井上幸雄
 
沼垂城に常駐し、警備全般の責任を負っている。戦ともなれば先兵を率いて攻め込んでいく武闘派。
新しい城主を迎え、手柄の一つも立てようと意気盛んだが、警備の隙をついて菊姫が城を抜け出してしまい…。
 
 
(写真撮影:高山 ミツル)




ぜひご覧ください! ::: 2014.10.01 Wednesday
音楽劇 渟足柵物語『姫と剣とわらべ唄』 予告編が完成しました。 http://youtu.be/bl-ILIGKGrE




ひめつるキャスト紹介 12 ::: 2014.10.01 Wednesday


【ひめつるキャスト紹介 12】
ホタル/トワコ
 
一の巫女キシモの妹。群れ飛ぶ灯虫(あかりむし)たちと心を通じる不思議な少女。姉妹の母親が「キシモは人の子、ホタルは神の子」と話していたこともあり、キシモはホタルが自分以上の霊力をもつと考えている。
 
 
(写真撮影:高山 ミツル)




ひめつるキャスト紹介 11 ::: 2014.10.01 Wednesday


【ひめつるキャスト紹介 11】
キシモ/イ・ヒョンスン
 
キビタシ一族の一(いち)の巫女。森の神の声を聴き、一族に預言を告げる。一族の者は皆、巫女の預言に従って生きている。
しかし、神聖な巫女の力に女としての情念が勝るとき、神の声は遠のき、やがて狂気がキシモの心を蝕(むしば)んでいく。
 
 
(写真撮影:高山 ミツル)
 




予告編が完成しました ::: 2014.09.25 Thursday
音楽劇 渟足柵物語『姫と剣とわらべ唄』 予告編が完成しました。 http://youtu.be/bl-ILIGKGrE




ひめつるキャスト紹介 10 ::: 2014.09.25 Thursday


【ひめつるキャスト紹介 10】
近衛丸(このえまる)/高田一樹
 
時平が直々に育て上げた親衛隊の隊長。
常に時平の守りたいものを守り、時平の盾であろうとする。
主と側近としての立場を踏み越えることは決してないが、配下としての義務感だけでなく、厚い情をもって時平と繋がっている。
 
※演じる高田一樹さん(stage unit JOKER)には、今回殺陣指導も併せてお願いしています。勇ましい立ち回りもこの公演の見どころの一つです。
 
 
(写真撮影:高山 ミツル)




ひめつるキャスト紹介 9 ::: 2014.09.21 Sunday



【ひめつるキャスト紹介 9】
命婦(みょうぶ)/佐藤喜代美


あぢさゐの方付きの侍女頭(じじょがしら)として、沼垂城の侍女たちを一手に束ねている。

娘の小袖は菊姫付きなので、母娘であぢさゐ・菊姫の母娘に付いていることになる。
行動派の菊姫に付き従う小袖の身を母として案じてはいるはずだが、顔には出さず、自分の職務に徹している。
 
 
(写真撮影:高山 ミツル)





ひめつるキャスト紹介 8 ::: 2014.09.19 Friday


【ひめつるキャスト紹介 8】
小袖(こそで)/阿部優菜
 
菊姫付きの侍女で、命婦(みょうぶ)の娘。菊姫は年の近い小袖を親しく感じ、気楽に接するが、忠義に堅い小袖はひたすら生真面目にお役を務めようとする。
天真爛漫で自由すぎる菊姫に振り回されておろおろ…。

 
※菊姫役のほのかさんと同い年(中3)で、小学4年時に一緒に座・未来へ入団した優菜さんは、子役出身メンバーのなかでも一目置かれる実力派。堅いなかにも見え隠れする娘心をどこまで演じてくれるかを、お楽しみに!
 
 
(写真撮影:高山 ミツル)




ひめつるキャスト紹介 7 ::: 2014.09.18 Thursday



【ひめつるキャスト紹介 7】
牙狼丸(がろうまる)/平田誠市
 
キビタシ一族の族長。かつて渟足柵(ぬたりのき)を拠点とする大和朝廷軍との戦に敗れて以来、代々、虎視眈々と反撃のときを待ち続けてきた一族をまとめる。

父としての心情よりも一族の長(おさ)としての立場を重んじ、息子無智丸に対しても私情を挟まない。

 
(写真撮影:高山 ミツル)